友人の結婚式をみてうらやましくなったり、これからクリスマスやお正月にバレンタイン…彼女がいれば何倍も楽しくなるであろう季節を前により一層結婚願望が増しています。ですが…悲しいかな出会いがありません。出会える予感もありません。

よし!出会いもないし出会いは作るものだ!結婚相談所へ登録しよう!!と思っても大手から小さい結婚相談所まで山ほど結婚相談所や婚活サービスは存在します。結局どこが一番自分に合っているんだろう?どこも大きい違いはないんだろうか?

気になることはたくさんありますよね。今回は高い成婚率で人気のパートナーエージェントについて、どんなシステムなのか!他社と違う魅力はなにか?について調査していきますのでチェックしてください☆

パートナーエージェントと他社のメリット、デメリット?!

婚活には大きくデータマッチング型と仲介型とわかれています。パートナーエージェントは仲介型に分類されます。

データマッチング型のメリットとしてはお相手の条件にとことんこだわれるというのが一番大きいのではないでしょうか。やはり一生を共にするかもしれない相手を探すというだけあって妥協はしたくないと考える人も多いですよね。

また仲介型と違って店舗まで足を運ばなくて良いというのも、データマッチング型を利用する方からは大きな利点ではないでしょうか。婚活で時間を取られているのにさらに店舗まで足を運ぶというのは忙しい方にとっては大変な負担になってしまいますね。

しかし、相手の条件にこだわれるあまり、どんどん欲が出て気づけば高望みしすぎてしまっていたという方もいるようです。またこだわりすぎるあまり婚活に詰まってしまったという意見も見られました。

仲介型のパートナーエージェントのデメリットとメリットをまとめてみました。

  • 店舗に出向かないと写真の確認ができない
  • コストは決して安くはない
  • 店舗が遠いとメリットが享受しずらい
  • 性格分析に基づいた紹介がされるので自分の好みで紹介されるというわけではない

仲介型はどうしても、自分の好みじゃないな、条件から少し外れているんだけど…という方も紹介される可能性があります。また、お見合い前に相手の写真を確認した方が良いとされるので店舗まで出向かなければならないというデメリットがあります。

では次にパートナーエージェントのメリットをまとめてみました!

  • 担当コンシェルジュが性格分析に基づいた相手を紹介してくれる
  • 写真抜きで紹介してくれるので、先入観なく相手を選べる
  • 担当コンシェルジュと顔の見える付き合いができるので、相談がしやすい
  • 身なりや会話など細かい所まで相談にのってくれる
  • 交際中も重要ポイントで担当コンシェルジュよりきちんとフォローが入る

仲介型を利用する方ならばデメリットにあった、店舗まで足を運ばなければいけないという点はメリットに変えてほしいですね!言ってしまえばコンシェルジュとコミュニケーションをとるチャンスでもあるんです!そこで改めて自分の条件や婚活への意欲を伝えるいい機会にもなります。

例え、自分の条件から離れている方だとしても沢山の方とお会いするという点でもメリットはたくさんありますね。始めてみないと解らない婚活の本当に自分が求めている条件というのが改めて出て来るかもしれません。

パートナーエージェントのシステムはどうなってるの?

パートナーエージェントの成婚率は28.7%と高く業界内では№1の成婚率になっています。その成婚率の高さの秘密に独自に力を入れているシステムがあるんです!

結婚相談所に申し込む方の中には、自分から異性に対し積極的に話をできなかったり、自分からアプローチするもののうまく行かなかった経験がある方もいらっしゃると思います。僕もそうなんですが自分が頑張った時に限って空振りしたりするんですよね。ホント。

そんな僕たちをフォローしてくれるのがパートナーエージェントの「PDCAサイクル」です!

P:結婚までのプランを設計
D:紹介、交際をしてもらう
C:フィードバックによる改善ポイントを見つける
A:改善を活かしたアクションを行う

活動開始から3ヵ月・10ヵ月後には活動設計の見直しのため面談を行ってくれます。

こちらは200時間以上の研修を積んだコンシェルジュがチームリーダーとなって紹介から、相談・励まし・的確なアドバイスまでもらえるサービスなんです!

一度ファーストコンタクトを行った後、そのコンタクトがNGだったとしても何がダメだったのか、次はどうすればいいのか一緒に考えてくれるんです。

一つのプロジェクトのようでなんだか申し訳ない気持ちもありますがとてもありがたいサービスですね。きっと婚活って始めてみて初めてわかることってあると思うんです。その時にサポートが約束されているというのはこの上なく心強いです!

し・か・も!サポートの強さを証明するように、3ヶ月以内に出会いがなければ以降3ヶ月の月会費を減額してくれる保障サポートまであるんです!それだけ会員に安心して利用してほしいという思いと3ヶ月以内にはなんとかして紹介をするという自信の表れですね!

  • 返金対象は「チームサポートコース」です。
  • 入会月の翌日1日を始めとし、3か月以内に紹介のご回答が双方で合意がとれなかった場合、以降3ヵ月間の月会費を20%減額になります。
  • 出会い保証制度は、お客様の活動状況によって、適用されない場合があります

また成婚後もそれだけで終わるのではなく、さまざまなカテゴリーのサービスを案内しており、ブライダルリングやブライダルエステ・フォトウェディング・住宅・引越し・暮らし・アイテム・無料個別相談・ハネムーンなどがあります。

例えば両家の挨拶はどっちから行くべきなのかとか、結納はした方が良いのかとか、どんな服装で挨拶に行くのが良いのかとか、タイミングはなど成婚後の様々な疑問にもサポートしてもらえるんです!結婚するとなってもわからないことだらけというのが実態ですし、かなりありがたいサービスですね!

パートナーエージェントに向く人、向かない人?!

どんなシステムであってもどうしても人には向き、不向きというものがあると思います。僕は今リサーチしていてパートナーエージェントのシステムに魅力を感じていますが仕事の忙しい友人は自分には向かないようだと感じているようです。

そこで、どんな方がパートナーエージェントに向いているのか。逆にどんな方はパートナーエージェントに入会しない方がいい!のかをまとめてみました。

パートナーエージェントに向かない人

  •  男性はある程度の年収の見込みが無いと審査が厳しくなる会社です。
  • 紹介された初対面の二人だけでやり取りを行います。自分自身の対人コミニュケーション能力が問われます。ですから、口下手な人やコミュニケーション能力にあまり自信の無い人は正直不向き。
  • 活動において、土・日祝日に休みがない、平日休みの人は、「会う」までの過程が大変。
  • 恋愛経験がそれなりにある方には向かないと思う。
  • 仕事が忙しく自分のペースで婚活したいのでサポートは必要なかった

パートナーエージェントではコンタクトが成立すると二人でお見合いをします。そこにはコンシェルジュの立ち合いは一切ないのであまりに口下手な方は事前に練習しないと厳しいかもしれませんね(汗)

また、お見合いをするお相手の会員もお仕事をされているので自分の仕事が土日休みではないと予定を組むのも一苦労なようです。

パートナーエージェントに向いている人

  • しっかりサポートを受けて理想を明確化したい人
  • 毎月多くの人を紹介してほしい人
  • 婚活慣れしていない方と出会いたい人
  • 男女ともに恋愛の経験があまりない方や消極的な方にはいいと思います。
  • 今年中に成婚退会したい!と気合いが入っている人なら、いい結婚相談所じゃないでしょうか。担当者の勢いがあるので(笑)

口コミでも多かったのは、自分が優柔不断だから背中を押してほしいという方や理想が自分でもわからないので相談したいという方がパートナーエージェントのシステムが良かった!と実感しているようです。自分も優柔不断なタイプなので背中を押してほしいという気持ち!わかります。

自分にはどういったサービスが必要なのか、合っているのか見極めて効率の良い婚活をしていきたいですね!